1000万円、貯めよう。

娯楽と貯蓄に生きる

多難の年号 令和

こんにちは、みつぼーです。

今朝気がついたのですが、なんだか令和になってから世界が不安定で驚きました。

今回は、令和になってから起こった事件をまとめました。

 

1. コロナウイルス蔓延

 

現在も続いているコロナウイルスの蔓延ですが、令和史上確実に記録されるべき事変として教科書に載ること間違いありません。

 

多数の重傷者や死者を出しているだけでなく、経済的また民生的にも大打撃を与える結果になりました。

 

一方で、世界中で生活様式の変化や仕事のあり方、人生の価値観が一変し、メタバース人工知能のさらなる発展に大きく寄与しました。

 

2. 天皇家のスキャンダル

 

秋篠宮家の婚姻問題にちなみ、きな臭い事件が起こりました。

説明不十分な中での結婚、また国民の象徴としてのあり方に疑問を投げかける人が多数いました。

 

戦前では現人神として神格化されていた天皇家ではありますが、戦後に国民の象徴って以降、前天皇上皇として引退するなど、その有様は変化を遂げました。

 

海外の王室ではスキャンダルが常に発生し、国民からのバッシングが起こることも珍しくないですが、日本でもそのような風潮に近づいついるのかもしれません。

 

3. ウクライナ戦争

 

いよいよロシアがウクライナに侵攻し、紛争が始まりました。この紛争がどの程度長続きするのか、また規模の拡大が起こるのかは見通せません。

 

第二次世界大戦の遠因は経済的混乱にありましたが、引き金となるロシアは長年にわたる経済制裁で国がボロボロになった状態で、世界大戦のきっかけを作ったドイツと状況が酷似しています。

 

プーチン大統領の暴走とも揶揄されますが、暴走の原因がどこにあるのか、また経済制裁のあり方についても問われると思います。

 

世界から経済制裁を受けた場合に、ロシアは確実に崩壊し、日本も巻き込まれることは必須です。

 

まとめ

 

世の中が騒がしく、平安ではない中でこれから令和はどうなっていくのか、非常に気になる今日この頃です。

と思っていたら阿蘇残の噴火問題も起こりました。

 

みつぼー。