1000万円、貯めよう。

娯楽と貯蓄に生きる

花王はオワコンか

こんにちは、みつぼーです。

今大注目の日経銘柄といえば、花王で間違いないですね。花王といえば日本で最長の31期連続で増配している銘柄で、配当金の増減が頻繁にある日本株としては極めて珍しい株主還元を積極的に行なっている企業です。

 

近年の投資ブームですが、某太郎氏のように高配当株を中心にポートフォリオを組む人にとっては、日本株なら組み入れておきたい銘柄の一つかも知れません。

f:id:mitsuisom:20220309225948p:plain

暗雲立ち込める

 

ここ最近の花王ですが、重苦しい暗雲が立ち込めています。コロナ前に記録した9,000円の株価は、決算のたびに成り下がり約半分近くの水準に落ちてしまいました。

 

決算のたびに冴えない

 

花王の株価は決算時に下落するというのが、かなり危ういと思います。

販売実績や売上は残念割れが続き、国内のシェアも増加しませんでした。

最近では原油の高騰で、生産コストも上がるため、ますます利益は減る一方だと予想されます。

 

連日下げ止まりませんが、最近の株価はPBR、PERともに資生堂ユニチャームなど他の日本株と比較すると割安な水準にあります。

 

まとめ

 

購入する場合には下げ止まりまで待っても全く遅くない株価であり、下げ止まりを待ってぜひ購入したいと思います。ただし、長期的には不安な要素が多い銘柄だと考えています。